年間を通じて各地で随時3日間開催

プロの競輪選手たちは、S級とA級の2つに分けられている。

S級の中でもS班、1班、2班に、A級では1班から3班に分かれている。

新人選手はまず、A級3班に格付され、毎年半年間の競走成績によって各級の各班の昇降が行われ、A級1、2班の上位とS級下位の200名程が自動的に入れ替えられる。

またA級3班の上位とA級1,2班の下位150名程も入れ替わる。

A級1、2班の選手が3開催連続で優勝すると、班級選考期間にかかわらず、即時にS級2班に特別昇級でき、A班3班の選手はA級2班に昇班できる。

またS級特別昇級9人の枠を争うレインボーカップシリーズも開催される。

A級3班で一定期間内の成績が連続して下位になると、選手登録抹消の対象となることもある。

選手の所属班は、レーサーパンツで見分けることができる。

見分け方は、S級S班は赤をベースとした地に黒のライン、S班以外のS級は黒をベースとした地に赤のライン、A級は黒をベースとした地に緑のラインが入っている。

ラインに入っている星の数は、班にかかわらず7つに決まっている。

日本では、2001年度からグレード制が採用されていて、全てのレースがGP、G1、G2、G3、F1、F2に格付されている。

GPとは、毎年12月30日に行われるKEIRINグランプリであり競輪の最高峰で、その年に活躍した9名の選手がトップを競う一発勝負である。

GP、G1、G2、G3はS級選手だけが出場でき、GPはS級上位9選手が参加する。

G1には、3月開催6日制の日本選手権、6月開催4日制の高松宮記念杯、7月開催4日制の寛人親王牌、8月開催4日制の読売新聞社杯全日本選抜、9月開催5日制のオールスター競輪、12月開催4日制の朝日新聞社杯競輪祭があり、4日制以上のG1優勝者がGP出場権を得る。

G2は、4月開催4日制の共同通信社杯、7月開催の2日制ナイターのサマーナイトフェスティバルなどで、12月の1日制単発レースのヤンググランプリは、KEIRINグランプリ出場者をのぞく若手選手の中から正選手9名、補欠1名が選出されて開催される。

成績上位者はG1、G2の優先出場権を得ることができる。

G3は、各競輪場の開設記念競輪で随時原則年1回4日間のオールS級選手で開催される。

F1の国際競輪は、3日制でS級5レースとA級6レースまたは、4日制でS級6レースとA級5レースで実施されまる。

S級シリーズでは、S級選手とA級1班、2班の選手が出走する。

F2は、A級選手のみで行われ年間を通じて各地で随時3日間開催される。